ハナニラ

葉に韮(ニラ)のような匂いがあることから、そう呼ばれます。見頃は3〜4月。花韮

エンコウソウ

山地の湿地に生えるキンポウゲ科の多年草で、その花茎がテナガザルの手足のようであるところからその名前が付いたとされます。見頃は4月下旬~5月上旬頃。猿猴草。
 

 
 

エビネ 

連なる球茎が海老の姿に似ていることからその名前が付いたとされます。見頃は4〜5月。海老根。
 

エビネ

連なる球茎が海老の姿に似ていることからその名前が付いたとされます。見頃は4〜5月。海老根。
 

エビネ(黄花)

連なる球茎が海老の姿に似ていることからその名前が付いたとされます。見頃は4〜5月。海老根。
 

 

ナルコユリ

鳥など害獣を田畑から追い払うための仕掛けである鳴子に花の形が似ているところからその名前が付いたとされます。見頃は5月下旬〜6月。鳴子百合。
 

アマドコロ

太い根がトコロ(ヤマノイモ)に似ていて、甘みがあるとことからその名前が付いたとされます。見頃は5月。甘野老。