葉のない枝に直径2cmほどの香る黄色いろう細工のような花を付ける「ロウバイ」。見頃は12~2月。

 
 
ロウバイ(蝋梅)はロウバイ科の落葉低木。唐の時代に中国から持ち込まれました。
花びらが蝋のような色で、旧暦の12月(臘月)に咲くことからこの名がついたとされます。
当園で観賞できる品種には福寿ロウバイ、満月ロウバイ、素心ロウバイ、などがあります。
 
 
 
 
ミドリロウバイ(右図)はメロンに似た香りの花を4月頃に咲かせます。