ミツバツツジ

桜のように花が終わってから葉が出ます。その際、枝の先に三葉が生えることから、そう呼ばれます。見頃は4〜5月。三葉躑躅

ゲンペイシダレモモ

その年の気候により、赤花と白花の割合が異なり、まるで源氏と平氏が競うかのように咲くことから、そう呼ばれます。見頃は3月中旬~4月中旬。源平枝垂れ桃(ハナモモ)

オウゴンカシワ

開花期の新芽や花、秋頃の葉、堅果(どんぐり)まで黄金色であるため、そう呼ばれます。見頃は4月。黄金柏
 

島錦

珍しい赤白の絞り牡丹。幾重にもなる大輪の花が目を楽しませてくれます。牡丹は、薬用植物として中国から渡来したといわれます。見頃は4月下旬頃。
 

オリエンタルゴールド

牡丹と芍薬の一代交配種「オリエンタルゴールド」。樹高は40cm前後でキバナの大輪の花を咲かせます。冬は地上部のほとんどが枯れるという芍薬の性質を持っています。見頃は5~6月。
 

カマツカ

名前はこの木を鎌の柄の材料にしたことからきているとされています。‪「‬ウシゴロシ」というおそろしい別名もあります。‬見頃は4月〜5月。鎌柄


【西洋カマツカの花】


【西洋カマツカの実】

フジ

多くの園芸品種がありますが、フジ/ノダフジのつるは右巻き、ヤマフジ/ノフジは左巻きという特徴があります。藤色とはこの花の色からきています。見頃は4月下旬〜5月上旬。藤


【紅藤】


【本紅藤(ピンク花)】


【アメリカフジ】

ハナズオウ

花の色が蘇芳(染料)色であるところから名付けられたといわれます。春になると、葉が出るより先に花がつきます。見頃は4月。花蘇芳


【ハナズオウ アボンダーレ】


【アメリカハナズオウ テネシーピンク】


【枝垂れアメリカハナズオウ ラベンダーツイスト】


【アメリカハナズオウ フォレストパンシー】

ナンジャモンジャノキ

ヒトツバタゴ(一つ葉田子)。モクセイ科ヒトツバタゴ属の落葉樹で、雌株と雄株があり、樹高は30メートルにもなります。見頃は4〜5月。
 
昔むかし、山の麓に珍しい木が生えていて、誰もその名を知らなかったそうな。
ある年、そこをお通りなった弘法大師に、村人たちが木の名前を尋ねたそうな。
「う〜ん、ナンジャろうか、モンジャろうか」と、困った大師さまがつぶやいた。
それで、ナンジャモンジャの木と言われるようになった、と埼玉県飯能に伝わる民話にある。
市川栄一氏著「奥武蔵の民話」さきたま出版会より
 

【一才ナンジャモンジャノキ】


【一才ナンジャモンジャノキ】


【アメリカナンジャモンジャノキ】


【アメリカナンジャモンジャノキ(ドワーフ)】

班入りレンギョウ

和名のレンギョウは、中国名の「連翹」を音読みしたものですが、実は中国で連翹とは、トモエソウ、オトギリソウのことです。これらの実が薬用にされていたことで、日本でレンギョウの実が連翹と誤って売られ、ついにはレンギョウが連翹として知られるようになったそうです。花期はいずれも3月下旬〜4月上旬。連翹


【白覆輪斑入りレンギョウ】


【黄金覆輪斑入りレンギョウ】